トップ/色彩検定超絶テクニック☆(全級編)

すごいぞ!ノートくん(その1)

アクセスありがとうございます!
色彩検定ナビゲーターのアンドリューです。

今回は、「すごいぞ!ノート」っていうお話です。
では、いってみましょう♪



時代はノートですよ…??

あなたは色彩検定の勉強にノートをとっていますか?
え?とってない??

なら、ノートを使うことも考えてみてはいかが?

メンドウクサイ??

まぁ、最初はそうなんですけどね…。
ノートを笑うものは、ノートに笑われますよ?(??)

試験には、ノートは付き物なんですから。


かく言うアンドリューも学生時代は
ノートをつけるのが大嫌いだったのです(笑)
(学校の勉強が好きじゃなかった(^_^;))
まぁ、大半の人はノートは好きじゃなかったでしょう。


けど、色彩検定を受けるときに、ノートをつけてみたら
「あらま、ちょっとすごいじゃん☆」と思ったので
今回は、あなたにもおすそ分けです(笑)


ノートって、案外軽視しちゃうのではないでしょうか?
たかがノートされどノート。あなどれないですよ?


とりあえず、ノートをつけるメリットをあげてみましょう。



ノートのメリット!

やった気になる

冗談のようですが、本当の話です。
勉強した成果を残すと、達成感はありませんか?
人間は達成感があると、もっとやりたくなるものなのでは?



どこまで学習したかわかりやすい

ノートを開けば、どこまで勉強していたか一目瞭然!

これで日々の勉強の効率が少しあがります。
短時間で前回学習したポイントのおさらいができるからです。



要点をまとめる力がつく

これも重要ですよね?
『この章は何をいいたいのか?何のためにこれがあるのか?』
など、バラバラの知識ではなく応用もきくようになるんです。
要点がわかれば、知識が点と点でつながりますよ♪



ほかの学習にも使える

これはわかりきったことですよね?
ノートをうまくつけれるようになれば、
ほかの勉強をするときにより効率よく勉強できます。

これはアンドリューが一番感じるところです。

現にほかの資格でもノートをつけてきたから、
色彩検定も一発で受かったと思ってますから。



うまくまとめれば、自分だけのバイブルになる

ノートって、うまくつけることが出来れば、テキストは要らなくなるんですよね。
ということは…そうです!
検定試験受験のためだけではなく、
検定で学んだことを生かす、自分だけの一生のバイブル
書いていると思えばいいのです。

本を見るより、ノートを見るほうが自分のほしい情報が
シンプルに詰まっているはずですから。






といった感じです。
どうですか?ノートをつけていなかったあなたも
ノートをつけてみたくなりましたか?



ノートのデメリット☆

メリットばかり挙げてしまってはウサン臭いので(笑)
デメリットも。



めんどくさい

これは仕方ないですね(笑)
めんどくさかったら色彩検定も受けなければいいのです。
(おっと爆弾発言(笑))

まぁ、実際慣れですよ^^



色を再現しにくい

色彩検定には致命的な気がしますが…(笑)
これはカラーカードを貼って対応するという手も。
それでも、色相環とかトーン分布図はめんどくさいですよね?
まだPCCSならいいですけど、マンセルとかオストワルトなんか致命的。
xyz表色系なんか無理無理…。

でも厳密な色にこだわらなければ、
カラープリンターという手もありますし。ねっ?







などなどです。

おっと、もうこんな時間だ☆
(何の時間!?(笑))

続きは次回っていうことで。



今回のまとめっ!

ノートってつけている人は当たり前につけている。
けど、そういう習慣のない人は、全然つけないんだな。

でもね、ノートを見れば頭の良さがわかってしまうのも本当ですよ♪