トップ/色彩検定超絶テクニック☆(全級編)

色彩検定は過去問から攻めよう!

アクセスありがとうございます!
色彩検定ナビゲーターのアンドリューです。

今回は、「色彩検定は過去問から攻めよう!」っていうお話です。
では、いってみましょう♪



アマノジャクでいいのです(笑)

色彩検定の勉強って、どうとっかかればいいんでしょう?
(あなたも戸惑っているんじゃないですか?)


アンドリュー流では、「過去問から勉強」をオススメします。

「えっ!?順番が逆じゃない?」

ノンノン。常識で収まるようなアンドリューではないのです(笑)


それにしてもなぜ「過去問から」がいいのでしょうか?
メンドクサイからわかりやすく箇条書きにまとめてみました(笑)


色彩検定の本番の雰囲気を掴むことができる!

ま、基本ですよね。
自分がどんな試験を受けるのかイメージができれば
勉強も進めやすいですよねっ。


「?」の疑問から入るから、興味を持って勉強することができる

「あれ?この問題の意味ってどういうことだろう?」って、
疑問から入れば、興味を持って勉強できますよね!

漫然と勉強するより、面白いと思いませんか?


改めて勉強したときに、過去問で出てきた言葉が印象に残る

過去問をやってみて、それから勉強をします。
すると、「ん?この言葉過去問で出てきたぞ?」ってなります。
こうなると覚えやすいんですよね。
あ、こういう意味だったんだなって。


できたときに感動できる

最初過去問をやったときは、全然できないでしょう。
当たり前ですけど(笑)

けど、勉強してまた過去問をやってみれば、どれだけ理解が深まったかわかります。
そして、それは感動級なのです!
(本当に??(笑))




―――こーんな理由なんです。
さぁ、どうでしたか?
やってみようと思いましたか?

あなたならどうする??? 



公式過去問題集一覧

色彩検定過去問題集 2010年度全級(2010)
色彩検定過去問題集 2009年度全級(2009)
色彩検定 過去問題集 2008年度全級 (2008)


今回のまとめっ!

色彩検定は、過去問からゴー☆