トップ/色彩検定超絶テクニック☆(全級編)

色彩検定公式テキストをゲットせよ!

アクセスありがとうございます!
色彩検定ナビゲーターのアンドリューです。

今回は、「色彩検定公式テキストをゲットせよ!」っていうお話です。
では、いってみましょう♪



色彩検定の強い味方!公式テキスト

色彩検定の参考書選びで迷っていませんか?
いい参考書がたくさんありますからね。
迷っても仕方ありませんよ(*^_^*)


まぁ、参考書はどう選んでもらってもいいのですが…。
絶対押さえて欲しい参考書があるんですよ。

それはなんでしょう?

驚くなかれ!


「AFTの公式テキスト」だったり。
(驚かないですね(笑))

「なーんだぁ」って?


わかります。
アンドリューも2級を受ける時まで公式テキスト持っていなかったんです。
ちょっと高いですからね。
(めちゃ高いワケじゃないけど)

しかし、1級を受けるときに実感しました。
「こりゃいるな…」と。

確かに、普通の検定試験の公式テキストは分かりづらかったりします。
ちょっとお堅くて取っつきにくかったり。
でも、それでも重要なんです。

それはなぜか?
次の点で重要なんです。



試験は公式テキストから出題

当たり前のことですけど、試験はここから全て出題されます。
だから、一番基本なんです。

そして、文章もそのまま出題されるときもあります。
まぁ、ほぼマークシートなんだから、関係ないんですけどね(^_^;)



色再現性が高い

公式テキストは高いだけあって、色に気をつかってあるようです。
紙質もいいものが使ってあります。

それに本試験は、ほとんど同じ色味で出題されます。
おなじカラーマネージメントなハズなので同じ色なハズです。

特に慣用色名は、同じ色なので覚えやすいでしょう。
普通の参考書だと、微妙に色が違ったりするので注意ですよ。
アンドリューも苦労しましたから。



3級のテキストには、明度表などが載っている

これも見逃せません。
特に1級を受ける人には。
だって、1級2次でPCCS明度を全部覚えなければなりませんから。
他の参考書ではなかなか載っていませんよ。





―――てな感じです。
ね?重要だったでしょ?



あと、2009年度から大改訂があったので要注意。
それ以前のテキストは内容が違ったりします。
かならず2009年度以降のテキストを使ってくださいね!
(え?中古で買っちゃった?…安物買いのなんチャラですよ(笑))



公式テキスト一覧

A・F・T色彩検定 公式テキスト1級編
A・F・T公式テキスト編集委員会 ISBN:978-4901257206 \4,200(税込)

A・F・T 色彩検定公式テキスト2級編
A・F・T公式テキスト編集委員会画 ISBN:4901257196 \3,150(税込)

A・F・T 色彩検定公式テキスト3級編
A・F・T公式テキスト編集委員会 ISBN:4901257188 \2,835(税込)



今回のまとめっ!

高いテキストにはワケがあるっ!
特に1級を目指す人は要チェックですぞ!