トップ/色彩検定FAQ/

うーん、色彩検定の難易度は?

アクセスありがとうございます!
色彩検定ナビゲーターのアンドリューです。

今回は「色彩検定の難易度」のお話です。
では、いってみましょう♪



色彩検定の難しさ

「色彩検定って、難しいのかな?」

色彩検定を受けたい人は、誰でもそう思いますよね?

では、色彩検定って難しいのでしょうか?

それは、前回の合格率のページを見るとわかりやすいと思います。
色彩検定自体は、合格率は低くありません。

だからといって簡単か?というと疑問ですな。



色彩検定の難しさは範囲の広さ??

確かに、解答形式は4択のマークシートなので難しいことはありません。
下手したら鉛筆を転がせば合格できるのかもしれません。
(できませんって(笑))

でも、色と一言で言っても範囲はメッチャ広いんですよ。
「色の名前」や「色の見える仕組み」から「ファッション」「インテリア」まで。
色って、すごく身近にあって、いろいろなものに使われています。

だから、勉強する範囲は広いんです。
それだけ勉強は大変なのかも。
興味のある分野ばかりならいいのですが、そうとは限らないですからね!



やっぱり級によっても違いが…

それに、級によっても難易度はかなり違います。

3級は、まぁまぁ簡単です。
色の世界への登竜門的存在です。
最初のとっかかりは難しいかもしれません。
しかし、勉強をはじめていくと意外と簡単なことに気づくと思います。

反対に1級は難易度が高いです。
試験も実技の2次試験まであります。
1級は、色のプロとして恥ずかしくない知識が必要です。
1次試験は2級が受かったなら、さほど難しくないでしょう。

問題は2次試験。
実際にカラーカードで色をコーディネートしていきます。(※1)
これは難易度が高いです。
様々な色のシステムを変換していく作業も必要なのです。



このように、難易度は一言では語れません(笑)
でも、色が好きなら決して受からない世界ではない!
というのが、アンドリューの答えだったりします。

(※1)コーディネートといっても、クリエイティブじゃなくてもセンスがなくてもOK。業界用語で指示されて、指示通りにコーディネートできたかを見ます。大丈夫☆



今回のまとめっ!

結局、難易度はあなたの情熱次第!?
どんなに難しくても、色が好きならば乗り越えられるぜベイベ!(笑)
今さらそんな事考えてもしょうがないじゃん☆